体験談:デパスの服用とアルコールを飲むタイミングを間違えないように

基本的に同時に飲んではいけません。薬が効きにくくなったり、あるいは過度に不安な状態になったりするからです。

デパスを初めて服用したとき、ふらつきや、眠気が襲ってきました。

人によって程度の差はありますが副作用の一種とも言えます。

デパスジェネリックのエチラームの時も同様でした。

同じようにアルコールを摂取すると、過度に、感情が揺れたり(楽しくなるのはいいことですが)、翌日二日酔いに襲われたりしますよね。

薬とアルコールを同時に飲むと、上記の状態が一気に押し寄せることも考えられますし、実際、経験したことがあります。

繰り返しますが、同時に飲んではいけません。

しかし、接待などの都合でどうしても少しは飲まなければいけないときもあるでしょう。

そのときは(あらかじめ分かっているので)、デパスやエチラームの服用をその日はやめましょう。

気分がすぐれなくなるのは仕方ありません。

しかし、併用の弊害が大きいと予想されるときは予防することです。

体験談ですが、そうはいっても、朝薬を飲んだときに、急な飲み会があったりします。

アルコールの量はおさえました。ビールのジョッキ1杯とチュウハイ2杯程度でした。

その間、出来るだけ食事をとるようにした結果、それほど気分は悪くはならなかったと思います。

しかし、翌日はなんとなくだるい、そんな感じがしたのを覚えています。

このため上記のような時間より短いとさらに気分が悪くなったかもしれないと思っております。

最終的にはお医者さんに相談することだと思います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。