デパス・エチラーム(デパスジェネリック)などのエチゾラム系の抗不安薬をうまく使おう

9428257_m

向精神薬ではなく普通薬扱いのうつや不眠に効く抗不安薬

デパスは、向精神薬ではなく抗不安薬と言われる普通薬に分類されています。

そのため、心療内科や精神科だけでなく、内科や耳鼻科、皮膚科などでも処方可能で肩こりや不眠、腰痛など幅広い症状に対応ができます。

こういった処方が可能なのはデパスだけで、そのため、非常に多くの人に使用されている薬です。

主な用途

エチゾラムという成分は、交感神経に作用し、緊張を緩和させる効果があります。そのため、筋肉のこわばりを無くすことで、肩こりや腰痛に効果が発揮でき、効果は6時間と比較的短いため、外科手術前に服用したりすることもあります。

また、緊張緩和効果によって、不眠やうつといった精神的な症状にも用いられています。

ただし、アルコールなどと同じく、依存性があるため乱用すると非常に危険です。

デパス・エチラーム(デパスジェネリック)等の種類

デパス(Depas) 1mg

抗不安薬としては知名度の高い「デパス」

心療内科や精神科で処方されることの多い安全性に優れた抗不安薬です。

日本で開発され、1984年に販売された歴史のチエノジアゼピン系の抗不安薬で作用自体はベンゾジアゼピン系と同様の効果となっています。

抗不安作用、筋弛緩作用ともに強く、また作用時間が短めであるために、心療内科や精神科において抗不安薬の第一選択とされることが多いようです。

また内科などでも処方されることもあり、知名度も高く安心して利用できる薬です。

デパス(Depas)1mg

[デパスジェネリック]エチラーム Etilaam 1mg

世界中で使用されているインド製のデパスジェネリック医薬品 エチラーム

抗不安薬として日本国内で定番となっているデパスの後発医薬品(ジェネリック)がエチラームで、ジェネリックであるために先発品よりも安価で入手が可能です。

インドに拠点を構えるインタスファーマ社が製造を行っており、日本ではあまり馴染みがありませんが、エチラーム以外にも数々のジェネリック医薬品を展開しており、インド国内だけではなく国外にも工場を持ち、現在なお成長を続けている製薬会社です。

[デパスジェネリック]エチラーム Etilaam 1mg

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this page